犬の絵/犬以外の絵/雑貨/音楽


by akuchixxx
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:本(桐野夏生)( 2 )

OUT

読んじゃった・・・。
というのが、感想第一声です。

最近、チョコレートやのど飴のように、
文庫本を手放せないのですが、

次に何を読もうかなと思っていたとき、
同僚の女性と、少々早いですが、
来年の目標は? という話をしました。

彼女は、少し考えて、
「今年作ったものを外へ広げていきたいから、
自分もどんどん外へ出て行く年にしたい」
と、言いました。

なるほどな、と思いました。

お互い、小さい子どもをかかえて、日々の時間をやりくりしている中、
彼女の仕事ぶりはいつも感心させられています。

外へ。→ OUT。

そんなわけで、ふとこのタイトルを思い出し、
手に取ったのでした。

冒頭、主人公の雅子が、
勤務している深夜の弁当工場の匂いをかぐと、
「帰りたい」
という言葉が思い浮かぶ、というくだりがあります。

ここを読んだとき、まさに、自分の話じゃないか! と。
[PR]
by akuchixxx | 2006-07-04 09:07 | 本(桐野夏生)

玉蘭

今年に入ってから、桐野夏生さんの小説を
かたっぱしから読んでいます。

なにもかも嫌になる。

というとき、人は往々にして、
自分と自分のしてきたアクションが嫌になってるわけですが、

そんなとき、リセットするべく、
会社をやめてみたり、留学してみたり、
違う男(または女)とつきあってみたりするわけです。

この本でそんな主人公有子の行動は、
冒頭であっさり
「新しい世界が始まるなんて幻想だ」
と、否定されます。
今までの自分をひきずってどこへ行っても、
そこは世界の果てでしかない、と。

その通り。スミマセン・・と思わず、下を向きそうになる私です。
このブログのタイトルも、
「世界の果てからこんにちは」か、なんかに変えた方がいいかも・・。

それはさておき、
世界の果てに来てしまったら、どうすればよいのか?

この本はそんな世界の果てにいる、
登場人物たちが、喪失していく物語です。
というより、桐野夏生の作品は、ほとんどがそうです。
だから読むと、いつもとても辛くなります。
小説の中の喪失感がリアルで。
あまりにも、人生そのもので・・・。
[PR]
by akuchixxx | 2006-05-10 13:05 | 本(桐野夏生)